Welcome to Ichinomiya Church
 
〒761-8084 香川県高松市一宮町1868-9
TEL:087-885-0322


集会案内    クリスマス礼拝のご案内    アクセス・リンク    メッセージ

2020.4.11 主日礼拝「永遠の命に生かされる」 尾﨑 公明 牧師
  (ヨハネの手紙一2章20~25節)  
   
     
  20:しかし、あなたがたは聖なる方から油を注がれているので、皆、真理を知っています。
21:わたしがあなたがたに書いているのは、あなたがたが真理を知らないからではなく、真理を知り、また、すべて偽りは真理から生じないことを知っているからです。
22:偽り者とは、イエスがメシアであることを否定する者でなくて、だれでありましょう。御父と御子を認めない者、これこそ反キリストです。
23:御子を認めない者はだれも、御父に結ばれていません。御子を公に言い表す者は、御父にも結ばれています。
24:初めから聞いていたことを、心にとどめなさい。初めから聞いていたことが、あなたがたの内にいつもあるならば、あなたがたも御子の内に、また御父の内にいつもいるでしょう。
25:これこそ、御子がわたしたちに約束された約束、永遠の命です。
     

2020.4.4 主日礼拝「主は生きておられる」 尾﨑 公明 牧師
  (ルカによる福音書24章1~12節)  
   
     
  1:そして、週の初めの日の明け方早く、準備しておいた香料を持って墓に行った。
2:見ると、石が墓のわきに転がしてあり、3:中に入っても、主イエスの遺体が見当たらなかった。
4:そのため途方に暮れていると、輝く衣を着た二人の人がそばに現れた。
5:婦人たちが恐れて地に顔を伏せると、二人は言った。「なぜ、生きておられる方を死者の中に捜すのか。
6:あの方は、ここにはおられない。復活なさったのだ。まだガリラヤにおられたころ、お話しになったことを思い出しなさい。
7:人の子は必ず、罪人の手に渡され、十字架につけられ、三日目に復活することになっている、と言われたではないか。」
8:そこで、婦人たちはイエスの言葉を思い出した。
9:そして、墓から帰って、十一人とほかの人皆に一部始終を知らせた。
10:それは、マグダラのマリア、ヨハナ、ヤコブの母マリア、そして一緒にいた他の婦人たちであった。婦人たちはこれらのことを使徒たちに話したが、11:使徒たちは、この話がたわ言のように思われたので、婦人たちを信じなかった。
12:しかし、ペトロは立ち上がって墓へ走り、身をかがめて中をのぞくと、亜麻布しかなかったので、この出来事に驚きながら家に帰った。
     

2020.3.28 主日礼拝「主がくださる希望を信じて」 尾﨑 公明 牧師
  (ローマの信徒への手紙12章12節)  
   
     
  12:希望をもって喜び、苦難を耐え忍び、たゆまず祈りなさい。
     

2020.3.21 主日礼拝「父よ、彼らをお赦しください」 尾﨑 公明 牧師
  (ルカによる福音書23章32~43節)  
   
     
  32:ほかにも、二人の犯罪人が、イエスと一緒に死刑にされるために、引かれて行った。
33:「されこうべ」と呼ばれている所に来ると、そこで人々はイエスを十字架につけた。犯罪人も、一人は右に一人は左に、十字架につけた。
34:〔そのとき、イエスは言われた。「父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているのか知らないのです。」〕人々はくじを引いて、イエスの服を分け合った。
35:民衆は立って見つめていた。議員たちも、あざ笑って言った。「他人を救ったのだ。もし神からのメシアで、選ばれた者なら、自分を救うがよい。」
36:兵士たちもイエスに近寄り、酸いぶどう酒を突きつけながら侮辱して、37:言った。「お前がユダヤ人の王なら、自分を救ってみろ。」
38:イエスの頭の上には、「これはユダヤ人の王」と書いた札も掲げてあった。
39:十字架にかけられていた犯罪人の一人が、イエスをののしった。「お前はメシアではないか。自分自身と我々を救ってみろ。」
40:すると、もう一人の方がたしなめた。「お前は神をも恐れないのか、同じ刑罰を受けているのに。
41:我々は、自分のやったことの報いを受けているのだから、当然だ。しかし、この方は何も悪いことをしていない。」
42:そして、「イエスよ、あなたの御国においでになるときには、わたしを思い出してください」と言った。
43:するとイエスは、「はっきり言っておくが、あなたは今日わたしと一緒に楽園にいる」と言われた。
     

2020.3.14 主日礼拝「蘇りの約束」 尾﨑 公明 牧師
  (コリントの信徒への手紙一15章42~49節)  
   
     
  42:死者の復活もこれと同じです。蒔かれるときは朽ちるものでも、朽ちないものに復活し、43:蒔かれるときは卑しいものでも、輝かしいものに復活し、蒔かれるときには弱いものでも、力強いものに復活するのです。
44:つまり、自然の命の体が蒔かれて、霊の体が復活するのです。自然の命の体があるのですから、霊の体もあるわけです。
45:「最初の人アダムは命のある生き物となった」と書いてありますが、最後のアダムは命を与える霊となったのです。
46:最初に霊の体があったのではありません。自然の命の体があり、次いで霊の体があるのです。
47:最初の人は土ででき、地に属する者であり、第二の人は天に属する者です。
48:土からできた者たちはすべて、土からできたその人に等しく、天に属する者たちはすべて、天に属するその人に等しいのです。
49:わたしたちは、土からできたその人の似姿となっているように、天に属するその人の似姿にもなるのです。
     

2020.3.7 主日礼拝「ただ神の愛によって赦される」 尾﨑 公明 牧師
  (ルカによる福音書19章1~10節)  
   
     
  1:イエスはエリコに入り、町を通っておられた。
2:そこにザアカイという人がいた。この人は徴税人の頭で、金持ちであった。
3:イエスがどんな人か見ようとしたが、背が低かったので、群衆に遮られて見ることができなかった。
4:それで、イエスを見るために、走って先回りし、いちじく桑の木に登った。そこを通り過ぎようとしておられたからである。
5:イエスはその場所に来ると、上を見上げて言われた。「ザアカイ、急いで降りて来なさい。今日は、ぜひあなたの家に泊まりたい。」
6:ザアカイは急いで降りて来て、喜んでイエスを迎えた。
7:これを見た人たちは皆つぶやいた。「あの人は罪深い男のところに行って宿をとった。」
8:しかし、ザアカイは立ち上がって、主に言った。「主よ、わたしは財産の半分を貧しい人々に施します。また、だれかから何かだまし取っていたら、それを四倍にして返します。」
9:イエスは言われた。「今日、救いがこの家を訪れた。この人もアブラハムの子なのだから。
10:人の子は、失われたものを捜して救うために来たのである。」
     

2020.2.28 主日礼拝「聖徒の交わり」 尾﨑 公明 牧師
  (ガラテヤの信徒への手紙6章2~6節)  
   
     
  2:互いに重荷を担いなさい。そのようにしてこそ、キリストの律法を全うすることになるのです。
3:実際には何者でもないのに、自分をひとかどの者だと思う人がいるなら、その人は自分自身を欺いています。
4:各自で、自分の行いを吟味してみなさい。そうすれば、自分に対してだけは誇れるとしても、他人に対しては誇ることができないでしょう。
5:めいめいが、自分の重荷を担うべきです。
6:御言葉を教えてもらう人は、教えてくれる人と持ち物をすべて分かち合いなさい。
     

2020.2.21 主日礼拝「教会はキリストの体」 尾﨑 公明 牧師
  (エフェソの信徒への手紙4章1~6節)  
   
     
  1:そこで、主に結ばれて囚人となっているわたしはあなたがたに勧めます。神から招かれたのですから、その招きにふさわしく歩み、2:一切高ぶることなく、柔和で、寛容の心を持ちなさい。愛をもって互いに忍耐し、3:平和のきずなで結ばれて、霊による一致を保つように努めなさい。
4:体は一つ、霊は一つです。それは、あなたがたが、一つの希望にあずかるようにと招かれているのと同じです。
5:主は一人、信仰は一つ、洗礼は一つ、6:すべてのものの父である神は唯一であって、すべてのものの上にあり、すべてのものを通して働き、すべてのものの内におられます。
     

2020.2.14 主日礼拝「聖霊なる神を信ず」 尾﨑 公明 牧師
  (ヨハネによる福音書14章16~17節)  
   
     
  16:わたしは父にお願いしよう。父は別の弁護者を遣わして、永遠にあなたがたと一緒にいるようにしてくださる。
17:この方は、真理の霊である。世は、この霊を見ようとも知ろうともしないので、受け入れることができない。しかし、あなたがたはこの霊を知っている。この霊があなたがたと共におり、これからも、あなたがたの内にいるからである。
     

2020.2.7 主日礼拝「キリストは来られる」 尾﨑 公明 牧師
  (ヨハネの黙示録3章1~6節)  
   
     
  1:サルディスにある教会の天使にこう書き送れ。『神の七つの霊と七つの星とを持っている方が、次のように言われる。「わたしはあなたの行いを知っている。あなたが生きているとは名ばかりで、実は死んでいる。
2:目を覚ませ。死にかけている残りの者たちを強めよ。わたしは、あなたの行いが、わたしの神の前に完全なものとは認めない。
3:だから、どのように受け、また聞いたか思い起こして、それを守り抜き、かつ悔い改めよ。もし、目を覚ましていないなら、わたしは盗人のように行くであろう。わたしがいつあなたのところへ行くか、あなたには決して分からない。
4:しかし、サルディスには、少数ながら衣を汚さなかった者たちがいる。彼らは、白い衣を着てわたしと共に歩くであろう。そうするにふさわしい者たちだからである。
5:勝利を得る者は、このように白い衣を着せられる。わたしは、彼の名を決して命の書から消すことはなく、彼の名を父の前と天使たちの前で公に言い表す。
6:耳ある者は、“霊”が諸教会に告げることを聞くがよい。」』
     

2020.1.31 主日礼拝「父と共に統べ治められる」 尾﨑 公明 牧師
  (使徒言行録2章30~35節)  
   
     
  30:ダビデは預言者だったので、彼から生まれる子孫の一人をその王座に着かせると、神がはっきり誓ってくださったことを知っていました。
31:そして、キリストの復活について前もって知り、/『彼は陰府に捨てておかれず、/その体は朽ち果てることがない』/と語りました。
32:神はこのイエスを復活させられたのです。わたしたちは皆、そのことの証人です。
33:それで、イエスは神の右に上げられ、約束された聖霊を御父から受けて注いでくださいました。あなたがたは、今このことを見聞きしているのです。
34:ダビデは天に昇りませんでしたが、彼自身こう言っています。『主は、わたしの主にお告げになった。「わたしの右の座に着け。
35:わたしがあなたの敵を/あなたの足台とするときまで。」』
     

2020.1.24 主日礼拝「天へと昇られ」 尾﨑 公明 牧師
  (使徒言行録1章6~11節)  
   
     
  6:イエスは言われた。「父が御自分の権威をもってお定めになった時や時期は、あなたがたの知るところではない。7:あなたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受ける。そして、エルサレムばかりでなく、ユダヤとサマリアの全土で、また、地の果てに至るまで、わたしの証人となる。」
8:こう話し終わると、イエスは彼らが見ているうちに天に上げられたが、雲に覆われて彼らの目から見えなくなった。
9:イエスが離れ去って行かれるとき、彼らは天を見つめていた。すると、白い服を着た二人の人がそばに立って、10:言った。「ガリラヤの人たち、なぜ天を見上げて立っているのか。あなたがたから離れて天に上げられたイエスは、天に行かれるのをあなたがたが見たのと同じ有様で、またおいでになる。」
11:使徒たちは、「オリーブ畑」と呼ばれる山からエルサレムに戻って来た。この山はエルサレムに近く、安息日にも歩くことが許される距離の所にある。
     

2020.1.17 主日礼拝「死に勝利されたキリスト」 尾﨑 公明 牧師
  (コリントの信徒への手紙一15章12~22節)  
   
     
  12:キリストは死者の中から復活した、と宣べ伝えられているのに、あなたがたの中のある者が、死者の復活などない、と言っているのはどういうわけですか。
13:死者の復活がなければ、キリストも復活しなかったはずです。
14:そして、キリストが復活しなかったのなら、わたしたちの宣教は無駄であるし、あなたがたの信仰も無駄です。
15:更に、わたしたちは神の偽証人とさえ見なされます。なぜなら、もし、本当に死者が復活しないなら、復活しなかったはずのキリストを神が復活させたと言って、神に反して証しをしたことになるからです。
16:死者が復活しないのなら、キリストも復活しなかったはずです。
17:そして、キリストが復活しなかったのなら、あなたがたの信仰はむなしく、あなたがたは今もなお罪の中にあることになります。
18:そうだとすると、キリストを信じて眠りについた人々も滅んでしまったわけです。
19:この世の生活でキリストに望みをかけているだけだとすれば、わたしたちはすべての人の中で最も惨めな者です。
20:しかし、実際、キリストは死者の中から復活し、眠りについた人たちの初穂となられました。
21:死が一人の人によって来たのだから、死者の復活も一人の人によって来るのです。
22:つまり、アダムによってすべての人が死ぬことになったように、キリストによってすべての人が生かされることになるのです。
     

2020.1.10 主日礼拝「神の子の死」 尾﨑 公明 牧師
  (ペトロの手紙一3章18~20節)  
   
     
  18:キリストも、罪のためにただ一度苦しまれました。正しい方が、正しくない者たちのために苦しまれたのです。あなたがたを神のもとへ導くためです。キリストは、肉では死に渡されましたが、霊では生きる者とされたのです。
19:そして、霊においてキリストは、捕らわれていた霊たちのところへ行って宣教されました。
20:この霊たちは、ノアの時代に箱舟が作られていた間、神が忍耐して待っておられたのに従わなかった者です。この箱舟に乗り込んだ数人、すなわち八人だけが水の中を通って救われました。
     

2020.1.3 主日礼拝「十字架」 尾﨑 公明 牧師
  (イザヤ書53章1~5節)  
   
     
  1:わたしたちの聞いたことを、誰が信じえようか。主は御腕の力を誰に示されたことがあろうか。
2:乾いた地に埋もれた根から生え出た若枝のように/この人は主の前に育った。見るべき面影はなく/輝かしい風格も、好ましい容姿もない。
3:彼は軽蔑され、人々に見捨てられ/多くの痛みを負い、病を知っている。彼はわたしたちに顔を隠し/わたしたちは彼を軽蔑し、無視していた。
4:彼が担ったのはわたしたちの病/彼が負ったのはわたしたちの痛みであったのに/わたしたちは思っていた/神の手にかかり、打たれたから/彼は苦しんでいるのだ、と。
5:彼が刺し貫かれたのは/わたしたちの背きのためであり/彼が打ち砕かれたのは/わたしたちの咎のためであった。彼の受けた懲らしめによって/わたしたちに平和が与えられ/彼の受けた傷によって、わたしたちはいやされた。 
     

2020.1.1 元旦礼拝「新しい心と新しい霊」 尾﨑 公明 牧師
  (エゼキエル書18章30~32節)  
   
     
  30:それゆえ、イスラエルの家よ。わたしはお前たちひとりひとりをその道に従って裁く、と主なる神は言われる。悔い改めて、お前たちのすべての背きから立ち帰れ。罪がお前たちをつまずかせないようにせよ。
31:お前たちが犯したあらゆる背きを投げ捨てて、新しい心と新しい霊を造り出せ。イスラエルの家よ、どうしてお前たちは死んでよいだろうか。
32:わたしはだれの死をも喜ばない。お前たちは立ち帰って、生きよ」と主なる神は言われる。
     

2020.12.27 主日礼拝「苦しみの主」 尾﨑 公明 牧師
  (マタイによる福音書27章11~26節)  
   
     
  11:さて、イエスは総督の前に立たれた。総督がイエスに、「お前がユダヤ人の王なのか」と尋問すると、イエスは、「それは、あなたが言っていることです」と言われた。
12:祭司長たちや長老たちから訴えられている間、これには何もお答えにならなかった。
13:するとピラトは、「あのようにお前に不利な証言をしているのに、聞こえないのか」と言った。
14:それでも、どんな訴えにもお答えにならなかったので、総督は非常に不思議に思った。
15:ところで、祭りの度ごとに、総督は民衆の希望する囚人を一人釈放することにしていた。
16:そのころ、バラバ・イエスという評判の囚人がいた。
17:ピラトは、人々が集まって来たときに言った。「どちらを釈放してほしいのか。バラバ・イエスか。それともメシアといわれるイエスか。」
18:人々がイエスを引き渡したのは、ねたみのためだと分かっていたからである。
19:一方、ピラトが裁判の席に着いているときに、妻から伝言があった。「あの正しい人に関係しないでください。その人のことで、わたしは昨夜、夢で随分苦しめられました。」
20:しかし、祭司長たちや長老たちは、バラバを釈放して、イエスを死刑に処してもらうようにと群衆を説得した。
21:そこで、総督が、「二人のうち、どちらを釈放してほしいのか」と言うと、人々は、「バラバを」と言った。
22:ピラトが、「では、メシアといわれているイエスの方は、どうしたらよいか」と言うと、皆は、「十字架につけろ」と言った。
23:ピラトは、「いったいどんな悪事を働いたというのか」と言ったが、群衆はますます激しく、「十字架につけろ」と叫び続けた。
24:ピラトは、それ以上言っても無駄なばかりか、かえって騒動が起こりそうなのを見て、水を持って来させ、群衆の前で手を洗って言った。「この人の血について、わたしには責任がない。お前たちの問題だ。」
25:民はこぞって答えた。「その血の責任は、我々と子孫にある。」
26:そこで、ピラトはバラバを釈放し、イエスを鞭打ってから、十字架につけるために引き渡した。
     

2020.12.20 主日礼拝「真の王はどこに」 尾﨑 公明 牧師
  (マタイによる福音書2章1~12節)  
   
     
  1:イエスは、ヘロデ王の時代にユダヤのベツレヘムでお生まれになった。そのとき、占星術の学者たちが東の方からエルサレムに来て、2:言った。「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。わたしたちは東方でその方の星を見たので、拝みに来たのです。」
3:これを聞いて、ヘロデ王は不安を抱いた。エルサレムの人々も皆、同様であった。
4:王は民の祭司長たちや律法学者たちを皆集めて、メシアはどこに生まれることになっているのかと問いただした。
5:彼らは言った。「ユダヤのベツレヘムです。預言者がこう書いています。
6:『ユダの地、ベツレヘムよ、/お前はユダの指導者たちの中で/決していちばん小さいものではない。お前から指導者が現れ、/わたしの民イスラエルの牧者となるからである。』」
7:そこで、ヘロデは占星術の学者たちをひそかに呼び寄せ、星の現れた時期を確かめた。
8:そして、「行って、その子のことを詳しく調べ、見つかったら知らせてくれ。わたしも行って拝もう」と言ってベツレヘムへ送り出した。
9:彼らが王の言葉を聞いて出かけると、東方で見た星が先立って進み、ついに幼子のいる場所の上に止まった。
10:学者たちはその星を見て喜びにあふれた。
11:家に入ってみると、幼子は母マリアと共におられた。彼らはひれ伏して幼子を拝み、宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げた。
12:ところが、「ヘロデのところへ帰るな」と夢でお告げがあったので、別の道を通って自分たちの国へ帰って行った。 
     

2020.12.19 主日礼拝「大いなる喜び」 尾﨑 公明 牧師
  (ルカによる福音書2章8~11節)  
   
     
  8:その地方で羊飼いたちが野宿をしながら、夜通し羊の群れの番をしていた。
9:すると、主の天使が近づき、主の栄光が周りを照らしたので、彼らは非常に恐れた。
10:天使は言った。「恐れるな。わたしは、民全体に与えられる大きな喜びを告げる。
11:今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。
     

2020.12.13 主日礼拝「インマヌエルの主」 尾﨑 公明 牧師
  (マタイによる福音書1章18~25節)  
   
     
  18:イエス・キリストの誕生の次第は次のようであった。母マリアはヨセフと婚約していたが、二人が一緒になる前に、聖霊によって身ごもっていることが明らかになった。
19:夫ヨセフは正しい人であったので、マリアのことを表ざたにするのを望まず、ひそかに縁を切ろうと決心した。
20:このように考えていると、主の天使が夢に現れて言った。「ダビデの子ヨセフ、恐れず妻マリアを迎え入れなさい。マリアの胎の子は聖霊によって宿ったのである。
21:マリアは男の子を産む。その子をイエスと名付けなさい。この子は自分の民を罪から救うからである。」
22:このすべてのことが起こったのは、主が預言者を通して言われていたことが実現するためであった。
23:「見よ、おとめが身ごもって男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる。」この名は、「神は我々と共におられる」という意味である。
24:ヨセフは眠りから覚めると、主の天使が命じたとおり、妻を迎え入れ、25:男の子が生まれるまでマリアと関係することはなかった。そして、その子をイエスと名付けた。
     

2020.12.6 主日礼拝「そして、イエス・キリストへ」 尾﨑 公明 牧師
  (マタイによる福音書1章12~17節)  
   
     
  12:バビロンへ移住させられた後、エコンヤはシャルティエルをもうけ、シャルティエルはゼルバベルを、13:ゼルバベルはアビウドを、アビウドはエリアキムを、エリアキムはアゾルを、14:アゾルはサドクを、サドクはアキムを、アキムはエリウドを、15:エリウドはエレアザルを、エレアザルはマタンを、マタンはヤコブを、16:ヤコブはマリアの夫ヨセフをもうけた。このマリアからメシアと呼ばれるイエスがお生まれになった。
17:こうして、全部合わせると、アブラハムからダビデまで十四代、ダビデからバビロンへの移住まで十四代、バビロンへ移されてからキリストまでが十四代である。
     

2020.11.29 主日礼拝「アブラハムからダビデへ」 尾﨑 公明 牧師
  (マタイによる福音書1章1~11節)  
   
     
  1:アブラハムの子ダビデの子、イエス・キリストの系図。
2:アブラハムはイサクをもうけ、イサクはヤコブを、ヤコブはユダとその兄弟たちを、3:ユダはタマルによってペレツとゼラを、ペレツはヘツロンを、ヘツロンはアラムを、4:アラムはアミナダブを、アミナダブはナフションを、ナフションはサルモンを、5:サルモンはラハブによってボアズを、ボアズはルツによってオベドを、オベドはエッサイを、6:エッサイはダビデ王をもうけた。ダビデはウリヤの妻によってソロモンをもうけ、7:ソロモンはレハブアムを、レハブアムはアビヤを、アビヤはアサを、8:アサはヨシャファトを、ヨシャファトはヨラムを、ヨラムはウジヤを、9:ウジヤはヨタムを、ヨタムはアハズを、アハズはヒゼキヤを、10:ヒゼキヤはマナセを、マナセはアモスを、アモスはヨシヤを、11:ヨシヤは、バビロンへ移住させられたころ、エコンヤとその兄弟たちをもうけた。 
     

2020.11.22 伝道礼拝「死の陰の谷を行くときも」 寺島 謙 牧師
  (詩編23編1~9節)  
   
     
  1:主は羊飼い、わたしには何も欠けることがない。
2:主はわたしを青草の原に休ませ/憩いの水のほとりに伴い
3:魂を生き返らせてくださる。主は御名にふさわしく/わたしを正しい道に導かれる。
4:死の陰の谷を行くときも/わたしは災いを恐れない。あなたがわたしと共にいてくださる。あなたの鞭、あなたの杖/それがわたしを力づける。
5:わたしを苦しめる者を前にしても/あなたはわたしに食卓を整えてくださる。わたしの頭に香油を注ぎ/わたしの杯を溢れさせてくださる。
6:命のある限り/恵みと慈しみはいつもわたしを追う。主の家にわたしは帰り/生涯、そこにとどまるであろう。
     

2020.11.15 主日礼拝「人となられた神の独り子」 尾﨑 公明 牧師
  (ルカによる福音書1章26~38節)  
   
     
  26:ダビデ家のヨセフという人のいいなずけであるおとめのところに遣わされたのである。そのおとめの名はマリアといった。
27:天使は、彼女のところに来て言った。「おめでとう、恵まれた方。主があなたと共におられる。」
28:マリアはこの言葉に戸惑い、いったいこの挨拶は何のことかと考え込んだ。
29:すると、天使は言った。「マリア、恐れることはない。あなたは神から恵みをいただいた。
30:あなたは身ごもって男の子を産むが、その子をイエスと名付けなさい。
31:その子は偉大な人になり、いと高き方の子と言われる。神である主は、彼に父ダビデの王座をくださる。
32:彼は永遠にヤコブの家を治め、その支配は終わることがない。」
33:マリアは天使に言った。「どうして、そのようなことがありえましょうか。わたしは男の人を知りませんのに。」
34:天使は答えた。「聖霊があなたに降り、いと高き方の力があなたを包む。だから、生まれる子は聖なる者、神の子と呼ばれる。
35:あなたの親類のエリサベトも、年をとっているが、男の子を身ごもっている。不妊の女と言われていたのに、もう六か月になっている。
36:神にできないことは何一つない。」
37:マリアは言った。「わたしは主のはしためです。お言葉どおり、この身に成りますように。」そこで、天使は去って行った。
38:そのころ、マリアは出かけて、急いで山里に向かい、ユダの町に行った。
     

2020.11.8 主日礼拝「あなたの主は誰ですか」 尾﨑 公明 牧師
  (ローマの信徒への手紙14章7~9節)  
   
     
  7:わたしたちの中には、だれ一人自分のために生きる人はなく、だれ一人自分のために死ぬ人もいません。
8:わたしたちは、生きるとすれば主のために生き、死ぬとすれば主のために死ぬのです。従って、生きるにしても、死ぬにしても、わたしたちは主のものです。
9:キリストが死に、そして生きたのは、死んだ人にも生きている人にも主となられるためです。
     

2020.11.1 主日礼拝「独り子イエス・キリスト」 尾﨑 公明 牧師
  (ヨハネによる福音書1章14~18節)  
   
     
  14:言は肉となって、わたしたちの間に宿られた。わたしたちはその栄光を見た。それは父の独り子としての栄光であって、恵みと真理とに満ちていた。
15:ヨハネは、この方について証しをし、声を張り上げて言った。「『わたしの後から来られる方は、わたしより優れている。わたしよりも先におられたからである』とわたしが言ったのは、この方のことである。」
16:わたしたちは皆、この方の満ちあふれる豊かさの中から、恵みの上に、更に恵みを受けた。
17:律法はモーセを通して与えられたが、恵みと真理はイエス・キリストを通して現れたからである。
18:いまだかつて、神を見た者はいない。父のふところにいる独り子である神、この方が神を示されたのである。 
     

2020.10.25 召天者記念礼拝「甦りの命に生きる時が来る」 尾﨑 公明 牧師
  (テサロニケの信徒への手紙一4章13~18節)  
   
     
  13:兄弟たち、既に眠りについた人たちについては、希望を持たないほかの人々のように嘆き悲しまないために、ぜひ次のことを知っておいてほしい。
14:イエスが死んで復活されたと、わたしたちは信じています。神は同じように、イエスを信じて眠りについた人たちをも、イエスと一緒に導き出してくださいます。
15:主の言葉に基づいて次のことを伝えます。主が来られる日まで生き残るわたしたちが、眠りについた人たちより先になることは、決してありません。
16:すなわち、合図の号令がかかり、大天使の声が聞こえて、神のラッパが鳴り響くと、主御自身が天から降って来られます。すると、キリストに結ばれて死んだ人たちが、まず最初に復活し、17:それから、わたしたち生き残っている者が、空中で主と出会うために、彼らと一緒に雲に包まれて引き上げられます。このようにして、わたしたちはいつまでも主と共にいることになります。
18:ですから、今述べた言葉によって励まし合いなさい。 
     

2020.10.18 主日礼拝「油注がれた者」 尾﨑 公明 牧師
  (イザヤの書61章1節)  
   
     
  1:主はわたしに油を注ぎ/主なる神の霊がわたしをとらえた。わたしを遣わして/貧しい人に良い知らせを伝えさせるために。打ち砕かれた心を包み/捕らわれ人には自由を/つながれている人には解放を告知させるために。
     

2020.10.11 主日礼拝「神の子とされる」 尾﨑 公明 牧師
  (ローマの信徒への手紙8章14~17節)  
   
     
  14:神の霊によって導かれる者は皆、神の子なのです。
15:あなたがたは、人を奴隷として再び恐れに陥れる霊ではなく、神の子とする霊を受けたのです。この霊によってわたしたちは、「アッバ、父よ」と呼ぶのです。
16:この霊こそは、わたしたちが神の子供であることを、わたしたちの霊と一緒になって証ししてくださいます。
17:もし子供であれば、相続人でもあります。神の相続人、しかもキリストと共同の相続人です。キリストと共に苦しむなら、共にその栄光をも受けるからです。
     

2020.10.4 主日礼拝「神に不可能はない」 尾﨑 公明 牧師
  (創世記18章9~15節)  
   
     
  9:彼らはアブラハムに「あなたの妻のサラはどこですか」と尋ねた。アブラハムが「その天幕の中にいます」と答えると、10:彼らの一人が言った。「私は必ず来年の今頃、あなたのところに戻って来ます。その時、あなたの妻のサラには男の子が生まれているでしょう。」サラは、その人の後ろにある天幕の入り口で聞いていた。
11:アブラハムとサラは多くの日を重ねて年を取り、サラには月経がなくなっていた。
12:サラは心の中で笑って言った。「老いてしまった私に喜びなどあるだろうか。主人も年を取っているのに。」
13:主はアブラハムに言われた。「どうしてサラは、自分は年を取っているのに本当に子どもを産むことなどできるのか、と言って笑ったのか。
14:主にとって不可能なことがあろうか。私があなたのところに戻って来る来年の今頃には、サラに男の子が生まれている。」
15:サラは怖くなり、打ち消して言った。「いえ、私は笑っていません。」主は言われた。「いや、あなたは確かに笑った。」
     

2020.9.27 主日礼拝「神は天地の造り主」 尾﨑 公明 牧師
  (創世記1章1節)  
   
     
  1:初めに神は天と地を創造された。
   

2020.9.20 主日礼拝「信仰告白が語ること」 尾﨑 公明 牧師
  (マタイによる福音書28章16~20節)  
   
     
  16:さて、十一人の弟子たちはガリラヤに行き、イエスの指示された山に登った。
17:そして、イエスに会い、ひれ伏した。しかし、疑う者もいた。
18:イエスは、近寄って来て言われた。「私は天と地の一切の権能を授かっている。
19:だから、あなたがたは行って、すべての民を弟子にしなさい。彼らに父と子と聖霊の名によって洗礼(バプテスマ)を授け、20:あなたがたに命じたことをすべて守るように教えなさい。私は世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる。」
     

2020.9.13 主日礼拝「教会の信仰に結ばれる」 尾﨑 公明 牧師
  (ローマの信徒への手紙6章17~18節)  
   
     
  17:しかし、神に感謝すべきことに、あなたがたは、かつては罪の奴隷でしたが、伝えられた教えの基準に心から聞き従って、18:罪から自由にされ、義の奴隷となったのです。
     

2020.9.6 主日礼拝「信仰への道」 尾﨑 公明 牧師
  (マタイによる福音書16章13~20節)  
   
     
  13:イエスは、フィリポ・カイサリア地方に行ったとき、弟子たちに「人々は、人の子を何者だと言っているか」とお尋ねになった。
14:弟子たちは言った。「洗礼者ヨハネだと言う人、エリヤだと言う人、ほかに、エレミヤだとか、預言者の一人だと言う人もいます。」
15:イエスは言われた。「それでは、あなたがたは私を何者だと言うのか。」
16:シモン・ペトロが答えた。「あなたはメシア、生ける神の子です。」
17:すると、イエスはお答えになった。「バルヨナ・シモン、あなたは幸いだ。あなたにこのことを現したのは、人間ではなく、天におられる私の父である。
18:私も言っておく。あなたはペトロ。私はこの岩の上に私の教会を建てよう。陰府の門もこれに打ち勝つことはない。
19:私はあなたに天の国の鍵を授ける。あなたが地上で結ぶことは、天でも結ばれ、地上で解くことは、天でも解かれる。」
20:それから、イエスは、ご自分がメシアであることを誰にも話さないように、と弟子たちに命じられた。
     

2020.8.30 主日礼拝「罪から救うために」 尾﨑 公明 牧師
  (フィリピの信徒への手紙2章6~11節)  
   
     
  6:キリストは/神の形でありながら/神と等しくあることに固執しようとは思わず7:かえって自分を無にして/僕の形をとり/人間と同じ者になられました。/人間の姿で現れ8:へりくだって、死に至るまで/それも十字架の死に至るまで/従順でした。
9:このため、神はキリストを高く上げ/あらゆる名にまさる名を/お与えになりました。10:それは、イエスの御名によって/天上のもの、地上のもの、地下のものすべてが/膝をかがめ11:すべての舌が/「イエス・キリストは主である」と告白して/父なる神が崇められるためです。
     

2020.8.23 主日礼拝「神に依り頼む幸い」 尾﨑 公明 牧師
  (マタイによる福音書5章1~11節)  
   
     
  1:イエスはこの群衆を見て、山に登られた。腰を下ろされると、弟子たちが御もとに来た。
2:そこで、イエスは口を開き、彼らに教えられた。
3:「心の貧しい人々は、幸いである/天の国はその人たちのものである。
4:悲しむ人々は、幸いである/その人たちは慰められる。
5:へりくだった人々は、幸いである/その人たちは地を受け継ぐ。
6:義に飢え渇く人々は、幸いである/その人たちは満たされる。
7:憐れみ深い人々は、幸いである/その人たちは憐れみを受ける。
8:心の清い人々は、幸いである/その人たちは神を見る。
9:平和を造る人々は、幸いである/その人たちは神の子と呼ばれる。
10:義のために迫害された人々は、幸いである/天の国はその人たちのものである。
11:私のために、人々があなたがたを罵り、迫害し、ありもしないことで悪口を浴びせるとき、あなたがたは幸いである。
     

2020.8.16 主日礼拝「神と等しい神の独り子」 尾﨑 公明 牧師
  (マタイによる福音書8章5~13節)  
   
     
  5:さて、イエスがカファルナウムに入られると、一人の百人隊長が近づいて来て懇願し、6:「主よ、わたしの僕が中風で家に寝込んで、ひどく苦しんでいます」と言った。
7:そこでイエスは、「わたしが行って、いやしてあげよう」と言われた。
8:すると、百人隊長は答えた。「主よ、わたしはあなたを自分の屋根の下にお迎えできるような者ではありません。ただ、ひと言おっしゃってください。そうすれば、わたしの僕はいやされます。9:わたしも権威の下にある者ですが、わたしの下には兵隊がおり、一人に『行け』と言えば行きますし、他の一人に『来い』と言えば来ます。また、部下に『これをしろ』と言えば、そのとおりにします。」
10:イエスはこれを聞いて感心し、従っていた人々に言われた。「はっきり言っておく。イスラエルの中でさえ、わたしはこれほどの信仰を見たことがない。
11:言っておくが、いつか、東や西から大勢の人が来て、天の国でアブラハム、イサク、ヤコブと共に宴会の席に着く。
12:だが、御国の子らは、外の暗闇に追い出される。そこで泣きわめいて歯ぎしりするだろう。」
13:そして、百人隊長に言われた。「帰りなさい。あなたが信じたとおりになるように。」ちょうどそのとき、僕の病気はいやされた。
     

2020.8.9 主日礼拝「地上における主の務め」 尾﨑 公明 牧師
  (ヘブライ人への手紙7章24~28節)  
   
     
  24:しかし、イエスは永遠に生きているので、変わることのない祭司職を持っておられるのです。
25:それでまた、この方は常に生きていて、人々のために執り成しておられるので、御自分を通して神に近づく人たちを、完全に救うことがおできになります。
26:このように聖であり、罪なく、汚れなく、罪人から離され、もろもろの天よりも高くされている大祭司こそ、わたしたちにとって必要な方なのです。
27:この方は、ほかの大祭司たちのように、まず自分の罪のため、次に民の罪のために毎日いけにえを献げる必要はありません。というのは、このいけにえはただ一度、御自身を献げることによって、成し遂げられたからです。
28:律法は弱さを持った人間を大祭司に任命しますが、律法の後になされた誓いの御言葉は、永遠に完全な者とされておられる御子を大祭司としたのです。
     

2020.8.2 主日礼拝「本当の平和をもたらすお方」 尾﨑 公明 牧師
  (イザヤ書59章15~21節)  
   
     
  15:まことは失われ、悪を避ける者も奪い去られる。主は正義の行われていないことを見られた。それは主の御目に悪と映った。
16:主は人ひとりいないのを見/執り成す人がいないのを驚かれた。主の救いは主の御腕により/主を支えるのは主の恵みの御業。
17:主は恵みの御業を鎧としてまとい/救いを兜としてかぶり、報復を衣としてまとい/熱情を上着として身を包まれた。
18:主は人の業に従って報い/刃向かう者の仇に憤りを表し/敵に報い、島々に報いを返される。
19:西では主の御名を畏れ/東では主の栄光を畏れる。主は激しい流れのように臨み/主の霊がその上を吹く。
20:主は贖う者として、シオンに来られる。ヤコブのうちの罪を悔いる者のもとに来ると/主は言われる。
21:これは、わたしが彼らと結ぶ契約であると/主は言われる。あなたの上にあるわたしの霊/あなたの口においたわたしの言葉は/あなたの口からも、あなたの子孫の口からも/あなたの子孫の子孫の口からも/今も、そしてとこしえに/離れることはない、と主は言われる。
     

2020.7.26 主日礼拝「真の神であり真の人」 尾﨑 公明 牧師
  (ヨハネによる福音書8章54~59節)  
   
     
  54:イエスはお答えになった。「わたしが自分自身のために栄光を求めようとしているのであれば、わたしの栄光はむなしい。わたしに栄光を与えてくださるのはわたしの父であって、あなたたちはこの方について、『我々の神だ』と言っている。
55:あなたたちはその方を知らないが、わたしは知っている。わたしがその方を知らないと言えば、あなたたちと同じくわたしも偽り者になる。しかし、わたしはその方を知っており、その言葉を守っている。
56:あなたたちの父アブラハムは、わたしの日を見るのを楽しみにしていた。そして、それを見て、喜んだのである。」
57:ユダヤ人たちが、「あなたは、まだ五十歳にもならないのに、アブラハムを見たのか」と言うと、58:イエスは言われた。「はっきり言っておく。アブラハムが生まれる前から、『わたしはある。』」
59:すると、ユダヤ人たちは、石を取り上げ、イエスに投げつけようとした。しかし、イエスは身を隠して、神殿の境内から出て行かれた。
     

2020.7.19 主日礼拝「罪が赦される唯一の道」 尾﨑 公明 牧師
  (ローマの信徒への手紙3章21~26節)  
   
     
  21:ところが今や、律法とは関係なく、しかも律法と預言者によって立証されて、神の義が示されました。
22:すなわち、イエス・キリストを信じることにより、信じる者すべてに与えられる神の義です。そこには何の差別もありません。
23:人は皆、罪を犯して神の栄光を受けられなくなっていますが、24:ただキリスト・イエスによる贖いの業を通して、神の恵みにより無償で義とされるのです。
25:神はこのキリストを立て、その血によって信じる者のために罪を償う供え物となさいました。それは、今まで人が犯した罪を見逃して、神の義をお示しになるためです。
26:このように神は忍耐してこられたが、今この時に義を示されたのは、御自分が正しい方であることを明らかにし、イエスを信じる者を義となさるためです。
     

2020.7.12 主日礼拝「罪人であることを知る」 尾﨑 公明 牧師
  (イザヤ書59章1~10節)  
   
     
  1主の手が短くて救えないのではない。主の耳が鈍くて聞こえないのでもない。
2:むしろお前たちの悪が/神とお前たちとの間を隔て/お前たちの罪が神の御顔を隠させ/お前たちに耳を傾けられるのを妨げているのだ。
3:お前たちの手は血で、指は悪によって汚れ/唇は偽りを語り、舌は悪事をつぶやく。
4:正しい訴えをする者はなく/真実をもって弁護する者もない。むなしいことを頼みとし、偽って語り/労苦をはらみ、災いを産む。
5:彼らは蝮の卵をかえし、くもの糸を織る。その卵を食べる者は死に/卵をつぶせば、毒蛇が飛び出す。
6:くもの糸は着物にならず/その織物で身を覆うことはできない。彼らの織物は災いの織物/その手には不法の業がある。
7:彼らの足は悪に走り/罪のない者の血を流そうと急ぐ。彼らの計画は災いの計画。破壊と崩壊がその道にある。
8:彼らは平和の道を知らず/その歩む道には裁きがない。彼らは自分の道を曲げ/その道を歩む者はだれも平和を知らない。
9:それゆえ、正義はわたしたちを遠く離れ/恵みの業はわたしたちに追いつかない。わたしたちは光を望んだが、見よ、闇に閉ざされ/輝きを望んだが、暗黒の中を歩いている。
10:盲人のように壁を手探りし/目をもたない人のように手探りする。真昼にも夕暮れ時のようにつまずき/死人のように暗闇に包まれる。
     

2020.7.5 主日礼拝「礼拝は主と出会う場所」 尾﨑 公明 牧師
  (ヨハネによる福音書4章21~26節)  
   
     
  21:イエスは言われた。「婦人よ、わたしを信じなさい。あなたがたが、この山でもエルサレムでもない所で、父を礼拝する時が来る。
22:あなたがたは知らないものを礼拝しているが、わたしたちは知っているものを礼拝している。救いはユダヤ人から来るからだ。23:しかし、まことの礼拝をする者たちが、霊と真理をもって父を礼拝する時が来る。今がその時である。なぜなら、父はこのように礼拝する者を求めておられるからだ。24:神は霊である。だから、神を礼拝する者は、霊と真理をもって礼拝しなければならない。」
25:女が言った。「わたしは、キリストと呼ばれるメシアが来られることは知っています。その方が来られるとき、わたしたちに一切のことを知らせてくださいます。」
26:イエスは言われた。「それは、あなたと話をしているこのわたしである。」
     

2020.6.28 主日礼拝「罪を知る」 尾﨑 公明 牧師
  (ローマの信徒への手紙7章7~12節)  
   
     
  7:では、どういうことになるのか。律法は罪であろうか。決してそうではない。しかし、律法によらなければ、わたしは罪を知らなかったでしょう。たとえば、律法が「むさぼるな」と言わなかったら、わたしはむさぼりを知らなかったでしょう。
8:ところが、罪は掟によって機会を得、あらゆる種類のむさぼりをわたしの内に起こしました。律法がなければ罪は死んでいるのです。
9:わたしは、かつては律法とかかわりなく生きていました。しかし、掟が登場したとき、罪が生き返って、10:わたしは死にました。そして、命をもたらすはずの掟が、死に導くものであることが分かりました。
11:罪は掟によって機会を得、わたしを欺き、そして、掟によってわたしを殺してしまったのです。
12:こういうわけで、律法は聖なるものであり、掟も聖であり、正しく、そして善いものなのです。
     

2020.6.21 主日礼拝「誘惑に負けた」 尾﨑 公明 牧師
  (創世記3章1~19節)  
   
   
  1:主なる神が造られた野の生き物のうちで、最も賢いのは蛇であった。蛇は女に言った。「園のどの木からも食べてはいけない、などと神は言われたのか。」
2:女は蛇に答えた。「わたしたちは園の木の果実を食べてもよいのです。 3:でも、園の中央に生えている木の果実だけは、食べてはいけない、触れてもいけない、死んではいけないから、と神様はおっしゃいました。」
4:蛇は女に言った。「決して死ぬことはない。5:それを食べると、目が開け、神のように善悪を知るものとなることを神はご存じなのだ。」
6:女が見ると、その木はいかにもおいしそうで、目を引き付け、賢くなるように唆していた。女は実を取って食べ、一緒にいた男にも渡したので、彼も食べた。
7:二人の目は開け、自分たちが裸であることを知り、二人はいちじくの葉をつづり合わせ、腰を覆うものとした。
8:その日、風の吹くころ、主なる神が園の中を歩く音が聞こえてきた。アダムと女が、主なる神の顔を避けて、園の木の間に隠れると、9:主なる神はアダムを呼ばれた。「どこにいるのか。」
10:彼は答えた。「あなたの足音が園の中に聞こえたので、恐ろしくなり、隠れております。わたしは裸ですから。」
11:神は言われた。「お前が裸であることを誰が告げたのか。取って食べるなと命じた木から食べたのか。」
12:アダムは答えた。「あなたがわたしと共にいるようにしてくださった女が、木から取って与えたので、食べました。」
13:主なる神は女に向かって言われた。「何ということをしたのか。」女は答えた。「蛇がだましたので、食べてしまいました。」
14:主なる神は、蛇に向かって言われた。「このようなことをしたお前は/あらゆる家畜、あらゆる野の獣の中で/呪われるものとなった。お前は、生涯這いまわり、塵を食らう。15:お前と女、お前の子孫と女の子孫の間に/わたしは敵意を置く。彼はお前の頭を砕き/お前は彼のかかとを砕く。」
16:神は女に向かって言われた。「お前のはらみの苦しみを大きなものにする。お前は、苦しんで子を産む。お前は男を求め/彼はお前を支配する。」
17:神はアダムに向かって言われた。「お前は女の声に従い/取って食べるなと命じた木から食べた。お前のゆえに、土は呪われるものとなった。お前は、生涯食べ物を得ようと苦しむ。18:お前に対して/土は茨とあざみを生えいでさせる/野の草を食べようとするお前に。19:お前は顔に汗を流してパンを得る/土に返るときまで。お前がそこから取られた土に。塵にすぎないお前は塵に返る。」
     

2020.6.14 主日礼拝「世界は祝福の内に創造された」 尾﨑 公明 牧師
  (創世記1章31節)  
   
     
  31:神はお造りになったすべてのものを御覧になった。見よ、それは極めて良かった。夕べがあり、朝があった。第六の日である。
     

2020.6.7 主日礼拝「聖書は主を証しする」 尾﨑 公明 牧師
  (テモテへの手紙二3章14~17節)  
   
     
  14:だがあなたは、自分が学んで確信したことから離れてはなりません。あなたは、それをだれから学んだかを知っており、15:また、自分が幼い日から聖書に親しんできたことをも知っているからです。この書物は、キリスト・イエスへの信仰を通して救いに導く知恵を、あなたに与えることができます。
16:聖書はすべて神の霊の導きの下に書かれ、人を教え、戒め、誤りを正し、義に導く訓練をするうえに有益です。
17:こうして、神に仕える人は、どのような善い業をも行うことができるように、十分に整えられるのです。
     

2020.5.31 ペンテコステ(聖霊降臨日)礼拝
「福音は全世界に語られる」
尾﨑 公明 牧師
  (使徒言行録2章1~13節)  
   
     
  1:五旬祭の日が来て、一同が一つになって集まっていると、2:突然、激しい風が吹いて来るような音が天から聞こえ、彼らが座っていた家中に響いた。
3:そして、炎のような舌が分かれ分かれに現れ、一人一人の上にとどまった。
4:すると、一同は聖霊に満たされ、“霊”が語らせるままに、ほかの国々の言葉で話しだした。
5:さて、エルサレムには天下のあらゆる国から帰って来た、信心深いユダヤ人が住んでいたが、6:この物音に大勢の人が集まって来た。そして、だれもかれも、自分の故郷の言葉が話されているのを聞いて、あっけにとられてしまった。
7:人々は驚き怪しんで言った。「話をしているこの人たちは、皆ガリラヤの人ではないか。8:どうしてわたしたちは、めいめいが生まれた故郷の言葉を聞くのだろうか。9:わたしたちの中には、パルティア、メディア、エラムからの者がおり、また、メソポタミア、ユダヤ、カパドキア、ポントス、アジア、10:フリギア、パンフィリア、エジプト、キレネに接するリビア地方などに住む者もいる。また、ローマから来て滞在中の者、11:ユダヤ人もいれば、ユダヤ教への改宗者もおり、クレタ、アラビアから来た者もいるのに、彼らがわたしたちの言葉で神の偉大な業を語っているのを聞こうとは。」
12:人々は皆驚き、とまどい、「いったい、これはどういうことなのか」と互いに言った。
13:しかし、「あの人たちは、新しいぶどう酒に酔っているのだ」と言って、あざける者もいた。
     

2020.5.24 主日礼拝「それでも、なお」 尾﨑 公明 牧師
  (ハバクク書3章17~19節)  
   
     
  17:いちじくの木に花は咲かず、ぶどうの枝は実をつけず、オリーブは収穫の期待を裏切り、田畑は食物を生ぜず、羊はおりから断たれ、牛舎には牛がいなくなる。
18:しかし、わたしは主によって喜び、わが救いの神のゆえに踊る。
19:わたしの主なる神は、わが力。わたしの足を雌鹿のようにし、聖なる高台を歩ませられる。指揮者によって、伴奏付き。
     

2020.5.17 主日礼拝「主イエスを通して神を知る」 尾﨑 公明 牧師
  (ヨハネによる福音書14章6~10節)  
   
   
  6:イエスは言われた。「わたしは道であり、真理であり、命である。わたしを通らなければ、だれも父のもとに行くことができない。
7:あなたがたがわたしを知っているなら、わたしの父をも知ることになる。今から、あなたがたは父を知る。いや、既に父を見ている。」
8:フィリポが「主よ、わたしたちに御父をお示しください。そうすれば満足できます」と言うと、9:イエスは言われた。「フィリポ、こんなに長い間一緒にいるのに、わたしが分かっていないのか。わたしを見た者は、父を見たのだ。なぜ、『わたしたちに御父をお示しください』と言うのか。
10:わたしが父の内におり、父がわたしの内におられることを、信じないのか。わたしがあなたがたに言う言葉は、自分から話しているのではない。わたしの内におられる父が、その業を行っておられるのである。  
     

2020.5.10 教会創立記念礼拝「神の似姿として」 尾﨑 公明 牧師
  (使徒言行録17章22~27節)  
   
     
  22:パウロは、アレオパゴスの真ん中に立って言った。「アテネの皆さん、あらゆる点においてあなたがたが信仰のあつい方であることを、わたしは認めます。
23:道を歩きながら、あなたがたが拝むいろいろなものを見ていると、『知られざる神に』と刻まれている祭壇さえ見つけたからです。それで、あなたがたが知らずに拝んでいるもの、それをわたしはお知らせしましょう。
24:世界とその中の万物とを造られた神が、その方です。この神は天地の主ですから、手で造った神殿などにはお住みになりません。
25:また、何か足りないことでもあるかのように、人の手によって仕えてもらう必要もありません。すべての人に命と息と、その他すべてのものを与えてくださるのは、この神だからです。
26:神は、一人の人からすべての民族を造り出して、地上の至るところに住まわせ、季節を決め、彼らの居住地の境界をお決めになりました。
27:これは、人に神を求めさせるためであり、また、彼らが探し求めさえすれば、神を見いだすことができるようにということなのです。実際、神はわたしたち一人一人から遠く離れてはおられません。
     

2020.5.3 主日礼拝「人生の目的」 尾﨑 公明 牧師
  (ガラテヤの信徒への手紙4章8~11節)  
   
     
  8:ところで、あなたがたはかつて、神を知らずに、もともと神でない神々に奴隷として仕えていました。
9:しかし、今は神を知っている、いや、むしろ神から知られているのに、なぜ、あの無力で頼りにならない支配する諸霊の下に逆戻りし、もう一度改めて奴隷として仕えようとしているのですか。
10:あなたがたは、いろいろな日、月、時節、年などを守っています。
11:あなたがたのために苦労したのは、無駄になったのではなかったかと、あなたがたのことが心配です。
     
     
  


Copyright (C) 2019 ichinomiya Christ Church All Rights Reserved.